ブログ

古いお神札やお守りはどう(処分)したらいいですか?

投稿日:

 

山村 珠紀です。

10016_160927

 

 

明日から、関西方面へ出かけます!

 

ちょっとミーハーなスピリチュアルの旅。

 

ご神気がいっぱい詰まった旅行記をお届けしたいと思っています。

楽しみにしていてくださいね。

 

 

 

 

今回の旅のテーマは、

 

お金のご縁

商売繁盛のご縁

幸せのご縁

願いが叶うご縁

 

かなり欲張りな旅です~。

 

最後は神戸から札幌に戻ってきます!

 

 

さて、

もう、プレゼントの応募はお済みですか?

【神様カード】応募者全員プレゼント!

あなたの守護神様を見つけて、神様カードをもらおう!

https://www.reservestock.jp/page/fast_answer/4215

 

 

 

古いお神札やお守りはどう(処分)したらいいですか?

 

1年前に初詣の時にいただいた神宮大麻やお神札、お守り、

そして【珠の緒結び】の物実(ものざね)で届いた絵札カードなど、どう処分したらいいですか?

 

 

こんな質問をいただきました!

 

 

はい、神主女将(かんぬしおかみ)の山村がお応えします^^

懐かしいフレーズ「神主女将」とは?・・・ススキノで女将さんをしていた、神主さん。ということです。

 

 

基本的に、お神札(おふだ)やお守りの有効期限はおよそ1年間と考えてください。

 

1年経てば急に効果がなくなるものではないですが、悪い気によって穢れてしまい本来の効果を発揮出来なくなります。

1年ごとに新しいお守りに変えていくことで、清々しい神様の気をいただける最大限の効果を得られると考えています。

 

出来れば年末に神社にお参りに行って古札納所に納めるのがいいでしょう。特に、大祓の御札や厄除け、護符などは1年で早めにお返しします。

 

その神社でいただいたお神札をお返しするだけでなく、ほかの神社でいただいたお神札も受け付けてくださいますので安心して納めてください。

 

ついでに、【珠の緒結び】のたくさんの物実(ものざね)=お神札も、ほとんどの神社の「古札納所」で納めることができます。

 

ただし、ビニールケースなどは取って納めた方がいいかもしれません。神社によっては、紙や布以外の素材のものは受けつけてくれないところもあります。

 

「古札納所」にあるお賽銭箱に、できればお礼と感謝を伝えてお賽銭もいれるといいです。

 

もし、受け付けてくれる神社がなかったり、出向くことができない場合は、

 

お神札やお守りに、あら塩をふりかけ、半紙(無ければ白い紙、コピー用紙でもOK)で包み、お礼を言ってゴミ箱に。

 

お守りの中でも、「合格祈願」や「安産祈願」などのお守りは、その目的が叶ったら、すぐにお返しします。その時は、お礼参りも一緒にすると、さらにその後の運もグン!と良くなるはずです。

 

しかし、とても気に入っているお守りや、絵札など、手元に置いておきたいと感じる物であれば、もちろん、そのまま身近に置いていてもいいです。

 

特に決まりはありませんので心配しないでくださいね。

 

自分や家族をお守りしてくださる、(ご神気が詰まった)お神札やお守りに「素直にお願いする」ことと、「お守りくださってありがとうございますと感謝する」ことが大事です。

 

 

 

 

年末の師走の大祓と、新年のお祈りも、清々しい気持ちで迎えたいですね。

-ブログ
-, ,

Copyright© 山村珠紀オフィシャルサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.