2018年1月の運勢を九星占いで無料公開します!

あなたの2018年1月の運勢を九星占いで見てみましょう

九星・気学(きゅうせい・きがく)とは、生れた年月日の九星と干支、五行を組み合わせた占術です。

生年によって定まる九星を本命星、生まれ月によって定まる九星を月命星といいます。

 


 

①まず、ご自分の本命星(九星)を見つけてください

2月立春以前に生れた人は、前年の本命星(九星)となります。

★一白水星
昭和20、29、38、47、56、平成2、11、20、29年生まれ

 

★二黒土星
昭和19、28、37、46、55、平成元、10、19、28年生まれ

 

★三碧木星
昭和18、27、36、45、54、63、平成9、18、27年生まれ

 

★四緑木星
昭和17、26、35、44、53、62、平成8、17、26年生まれ

 

★五黄土星
昭和16、25、34、43、52、61、平成7、16、25年生まれ

 

★六白金星
昭和15、24、33、42、51、60、平成6、15、24年生まれ

 

★七赤金星
昭和14、23、32、41、50、59、平成5、14、23年生まれ

 

★八白土星
昭和13、22、31、40、49、58、平成4、13、22年生まれ

 

★九紫火星
昭和12、21、30、39、48、57、平成3、12、21、30年生まれ

 


 

②2018年1月のあなたの運勢は?

======
★一白水星
======

明るく良い運気の恵まれて、気持ちよくなり、今年も大いにガンバルぞという気が高まりますが、

気負い過ぎるとストレスになるから気を付けてください。

無理をすると逆運を招く。

吉方➡なし

 

 

======
★二黒土星
======

物事の動きが鈍く焦りますが、諸事慎重に対応するように。

今は、積極的に動くことよりも、小さくとも安全な方法を選んで。

何が何でもと、動き過ぎるとケガをするので注意。

吉方➡西・北西

 

 

======
★三碧木星
======

先の見通しはありますが、足元が不安定なので、少しでも余力があったら、土台固めに努めてください。

無理な行動をすると、つまづいてケガをする恐れあり。

時間がかかっても確実に。

吉方➡なし

 

 

======
★四緑木星
======

好調な運気に恵まれて、諸事良い動きとなり期待が持てますが、あまり調子に乗り過ぎないこと。

我が強く利己的になると折角の良運が逃げていく。

周囲への気配りを忘れずに。

吉方➡なし

 

 

======
★五黄土星
======

活気のある良い運気に恵まれて、思った以上に上昇しますが、あまり調子に乗らないで。

好調だからといって油断すると流れが変わる恐れあり。

特に、酒席・宴席では粗相のないように。

吉方➡西・北東

 

 

======
★六白金星
======

ゆとりがあるからといって、あらゆる方面に手を出すと、ケガをするので気を付けてください。

本業に専念することが良策です。

内側が乱れやすいから、余った力は内部の補修に用いて。

吉方➡西

 

 

======
★七赤金星
======

自身がついて、かなり気が大きくなって前向きに動きたくなりますが、急進すると危ないので安全運転を。

前に進むことは大切ですが、進むを知りて退くを知らずでは悔いを残す。

吉方➡西

 

 

======
★八白土星
======

精神的・経済的に安定する月となりますが、まだまだ本格的ではないので油断しないこと。

調子に乗って動き回ると悔いを残す恐れあり。

特に宴席では、お酒を飲んでも飲まれないように。

吉方➡北東

 

 

======
★九紫火星
======

物事の流れに遅れを生じやすくイライラしそうですが、焦らず慎重な歩みを続けて。

前方に期待のもてる光明が見えるので、つらくとも、あきらめず、最後まで諸事やり遂げるように。

吉方➡西

 

 

いかがでしたか?

2018年1月もますます盛運に!

そしてあなたの願いがことごとく叶いますように~♬

お祈りします♡

 

 

出典は北海道神宮でいただいた本歴から抜粋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

私は神職であり、珠斗数盛運源の家元として、多くの方々の願いが叶うよう日々活動しています。 ーーー珠斗数盛運源(たまとすうせいうんげん)とは”宇宙エネルギーの源と現象世界を結ぶ秘義”を体系化したものですーーー > 静岡県富士宮市(富士山本宮浅間大社近く)で生まれ育つ。 「空想」することが大好きだった子供時代。頻繁に宇宙から届く「チャンスの数字」をキャッチするようになる。 「数字」を意識しながら「空想の世界」と「現実の世界」を結び、次々と「願いが叶う」小さな成功体験を重ねていく。 地元静岡の短大を卒業後、テレビ局に勤務。業務・企画・新規事業開発を担当する。 結婚を機に退職。専業主婦となり3人(1男2女)の子育てをする。その後札幌に移住し、夫と共にススキノで飲食店を開業。女将を務める。 女将時代には延べ8万人のお客様に接し、次第に「人の心の声」が聴こえるようになる。 その頃から日本人独特の精神性を探求するようになり、後に古神道系神職の資格を得る。 ビジネスプロデューサーへ転身。多くの相談業務を重ねていく中で、「クライアントの心の声」と「未来の数字やメッセージ」を合わせ、さらに現実的で具体的なアドバイスをするセッションへと進化していく。 ズバリ数字とメッセージを伝えることで確実に願いが叶っていく画期的な取り組みとなる。 ライフワークとして主催する毎月1日の祈り【珠の緖結び】(遠隔御祈願)では祈りの人として活動し、これまでに延べ6千人以上の方の願いが叶い続けている。 毎月15日15時開催の【オンライン盛運お茶会】は好評。北海道大学教育学部での講義実績他。 現在コトタマを研究中。