1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. 金運を今すぐアップする秘訣

金運を今すぐアップする秘訣

金運をアップしたいと願うあなたへ

今年こそ宝くじが当たりますように!
もっと給料が増えますように!
今度のボーナスはいっぱい出ますように!
時給が上がりますように!
お金で苦労しなくなりますように!

金運アップに御利益がある神社にお参りし、神様に懇願する。
誰でもこのような経験はあると思います。

でも・・・このようなお願いの仕方だと、あなたの願いが神様にちゃんと届いていないかもしれません。
そして神様にお願いする前に金運アップのために今からできることがあることをご存知ですか?

 

金運をアップする秘訣とは

そもそもお金とはいったい何なんでしょうか?
100円のものを100円玉と交換するもの?
人生を楽しくさせてくれるもの?苦労させるもの?

本質的なことをお伝えすると、お金は「感謝のエネルギーが凝縮したもの」です。

そして宇宙の法則は同じ波動(エネルギー)のもの同士が引き寄せ合う。ですから感謝の気持ちがあふれた毎日を過ごすことができる人には、お金がどんどん引き寄せられてきます。

 

例えば、誰かに何かしてもらったら「ありがとう」と伝える。

「今日もこうやって穏やかな夜を過ごしていられるのも〇〇(家族、会社、パートナー、仕事など)のおかげだ」と、常に目の前にあるものに感謝している。

 

何かを購入してお金を払う時、商品を得ることができたことに感謝する。

提供してくれた多くの人達に感謝する。

支払うお金を持っているという自分の状況に感謝する。

 

特に最後の例はとてもポジティブな波動とともにお金を支払っています。

 

このような時が感謝の気持ちを直接お金に乗せて社会へ流通させているわけです。

 

商品を手に入れる対価として感謝の意を相手に差し出したい。
お金はその「感謝の気持ちを物質にしたもの」であり、皆が同じ価値観で共有できる交換ツールなのです。

商品を手に入れるための対価交換に一旦手放したお金は、まわりまわって感謝のエネルギーを伴って必ずあなたの元へ戻ってきます。それも大きく成長した姿で。

 

「お金に対してネガティブな感情がある人はお金に苦労する」というのは、お金を利用した様々な行動に(無意識に)ネガティブな感情を乗せて社会に流通させてしまっているからです。

例えば、お金に対して「汚いもの」「怖いもの」など、ネガティブな感情を持っている人のところにお金は寄ってきません。

仮にまわりまわってあなたのもとにお金が戻ってきたとしても、そのお金に憑いているエネルギーはネガティブの塊のはずです。

あなたがネガティブな感情でいる限り、同じ波動のお金が引き寄せられますから。

 

それにお金を毛嫌いしたり、お金のことをできるだけ考えないようにしていたら、お金だって嫌われている人のところには近寄りたくないものです。

ではお金と仲良くなるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

① 今から感謝の気持ちで心をいっぱいにしてみましょう!

・誰かに何かしてもらったら「ありがとう」と伝える

・「今日もこうやって毎日を無事に過ごしていられるのも〇〇のおかげだ」、と常に目の前にあるものに感謝する

感謝の気持ちで心を満たしていると、2~3日であなたのもとにやってくる新しいお金は、感謝のエネルギーに満ちたお金たちになってくるはずです。

 

② その感謝のエネルギーに満ちたお金を社会へ流通させましょう!

コンビニでちょっと支払う時など、商品を受け取れるこのチャンスをいただけたのも、お財布に「感謝のエネルギーの塊=お金」が入っていたおかげ。
目の前の店員さんが接客してくれるおかげ。
この商品をここまで運んでくれた人たちのおかげ。
商品を作ってくれた人のおかげ。
会社で働いてお給料としていただいたお金に感謝!
これから先の私に関わるすべての人に感謝!

感謝のエネルギーに満ちたお金に、さらにあなたの「心からの感謝のエネルギー」を上乗せして受け取る商品の対価として渡しましょう(感謝のエネルギー交換)。

キャッシュレスで支払う場合もエネルギー交換の原理は同じです。
かなり大袈裟だと思われるかもしれませんが、ぜひ試してみてください。

まずはあなたが最初に感謝のエネルギーの種を創ることから始まります。
ネガティブな感情を手放したい・・・
意識を変えたい・・・
なんとかお金に苦労しない生活がしたい・・・

そのようなことを考え込んだり悶々とするよりも、新しい「感謝のエネルギーの種」を創り出す行動をしてみてくださいね。

 

◎金運をアップする秘訣

  • お金は感謝のエネルギーが凝縮したものと理解する
  • お金に対してポジティブなイメージを持つ
  • 感謝の気持ちで心をいっぱいにする
  • 目の前のことに常に感謝する
  • あなたの感謝の気持ちを上乗せしてお金を支払う

 

 

 

金運アップにご利益がある神社一覧

感謝の気持ちで心を満たして生活をしていれば自然とお金は集まってきますが、そうは言っても金運アップのご利益がある神社に参拝したら神様にお願いしたいものです。

そこで私がおすすめする、金運アップに特にご利益がある神社をご紹介します。

~小網神社(東京都中央区)~
https://www.koamijinja.or.jp/index.html

 

「強運厄除けの神様」としても有名な小綱神社。
その理由は

  • 村の疫病を抑えてくれた
  • 東京大空襲では周辺が焼け野原になったが、境内は戦火を逃れた
  • 小綱神社の御守りを持ち戦地に赴いた兵士が全員生還した

などのエピソードがあるからのようです。

 

小網神社の境内には万福舟乗弁財天(まんぷくふなのりべんざいてん)様が鎮座しています。その前にある「銭洗いの井」でお金を清め、お財布に納めると財運を授かるといわれていることから、現在は東京銭洗弁天と称されて親しまれています。

また日本橋地区では唯一現存する戦前の神社建築で、中央区有形文化財に指定されていて、総檜造りで重厚な彫刻が施され、特に昇り龍・降り龍は強運厄除の御利益のシンボルとして崇められています。
また神楽殿は五角形をしており、大変珍しい造りとなっているので忘れずにご覧ください。

~金剱宮(石川県白山市)~
http://www.ishikawa-jinjacho.or.jp/shrine/j0899/

 

船井総研の創業者である船井幸雄さんが「お金に困りたくなかったら、ここをお参りするといい」と言われ、金運アップの神社としてその名が全国に知れ渡った金剱宮(きんけんぐう)。今ではソフトバンク・孫正義さんをはじめ、多くの成功した経営者に愛される神社です。
2000年以上も前の紀元前95年(崇神天皇3年)に創建されたと伝えられる北陸最古の神社です。
船井さんがおっしゃるには「金剱宮はマイナスイオンが多い場所で、ハイレベルエネルギーに溢れ、びっくりするような素晴らしい事が起こる場所」のようです。
また境内にある「乙剱社」も特に金運アップのご利益があると言われていますので、境内社への参拝も含め、ぜひ自然が持つ神秘的なエネルギーを感じながら、ゆっくり時間をかけてお参りしてみてください。

~大杉神社(茨城県稲敷市)~
http://oosugi-jinja.or.jp/

 

「日本唯一の夢むすび大明神」としても有名な大杉神社。
境内にはたくさんの摂社・末社が鎮座しています。
その中でも大国神社には金運のご利益を求める方の参拝が、勝馬神社には競馬関係者や競馬ファンの方の参拝が多いです。

そして大杉神社で忘れてはいけないのが御種銭(おたねせん)。
金運・財運・事業運アップを望むのなら、ぜひ参拝前に社務所で拝受しましょう。
大杉神社でお参りするときは「銀の小判」を賽銭箱の縁に置き、お賽銭を入れてお参りし、大国神社では「金の小判」をお賽銭箱の縁に置き、お賽銭を入れてお参りしましょう。
親切な看板が出ているので間違えることはないと思いますよ。
お参りが済んだら御種銭を財布の中にしまって持ち帰ってくださいね。

~聖神社(埼玉県秩父市)~
http://wadohosyoukai.com/iseki/jinjya/

 

708年に聖神社の近くで銅が発見され朝廷に献上したところ大変喜ばれ、和銅(純度が高く精錬を必要としない自然銅)が産出した事を記念して、 朝廷は年号を「和銅」と改元した程、歴史に影響を与えた場所です。
そして日本最初の貨幣である「和同開珎(わどうかいちん)」を発行しました。
そのような由緒もあり、古くから金運アップの御利益を授かれる神社として有名です。
直径3メートルの和同開珎のモニュメントがあり、金運財布や銭神様などの御守りも充実しています。
また神社から徒歩15分程のところに「和銅採掘露天掘跡」があり、そこの小川でお金を清めると金運が上がると言われていますので、ぜひ訪れてみてください。

~金龍神社(奈良県奈良市)~
http://www.kasugataisha.or.jp/guidance/wakamiya.html

 

世界遺産でもある春日大社の境内摂社のひとつ。
金龍神社は開発発達を御神徳とする金龍大神様を祀っています。
元は「禁裡殿」と呼ばれていたそうですが、それが転じて今では金運・財運にご利益がある金龍神社と呼ばれているそうです。

そして金龍神社で金運アップを望むのなら「お百度参り」をおすすめします。
通常お百度参りというと100日間かけて参拝するものですが、金龍神社ではそれが1日で参拝できます。
詳しい説明は金龍神社のすぐ近くにある夫婦大國社で申し出ると教えてくださいます。
お百度参りを無事に終え、金運とのご縁を強力に結んでくださいね。

また金龍神社では「祈る・金運さずけ」と書かれた財運祈願の絵馬も用意されていますので、ぜひこちらの奉納もお勧めします。

金運アップが一番の目的であってっても、まずは春日大社ご本殿の主祭神様からお参りしてください。春日大社には十五社の摂社末社があり「若宮十五社めぐり」と言われ、そのご利益も素晴らしいと有名です。十五社の中に金龍神社や金運守護の南宮神社も含まれています。はじめに夫婦大國社で「若宮十五社めぐり」の申し込みをしてから各神社を順番にお参り(金龍神社ではお百度を)して、最後に授与所でおしるしをいただきましょう。ここまですると、参拝は完璧ですね。

~宝来宝来神社(熊本県南阿蘇村)~
https://www.hogihogi.or.jp/

 

宝来宝来は「ほぎほぎ」と読みます。その由来は陽幸和福招金萬宝来(ようこうわふくしょうきんまんほうらい)の御神言とのこと。
宝来宝来とは宝だけ(宝くじやお金)が来ることだけを意味しているわけではなく、人とのご縁などあなたにとっての宝を運んできてくれます。

宝来宝来神社の歴史は平成16年、リストラされ生活に困り、この土地の造成工事を請け負っていた重機の運転手が、重機で掘り起こせない大きな岩に当たったことから始まります。
その岩を取り壊そうとしたところ運転手の夢に岩が出てきて「宝くじを買って当選金の一部で掘り起こして祀ってくれ」と告げられます。
そして言われたとおりに宝くじを買うと、生活に困らないほどの額が当選したとのこと。
その後、お告げの通りに岩を掘り出し祀ったのが御神体である当銭岩様です。
まだ歴史の新しい神社ですが、宝くじ当選者が多数いらっしゃるのでぜひ参拝してみてくださいね。
(宝来宝来神社のHPより一部抜粋)

 

金運をアップする祈り方と神社参拝

ポイントは軽やかな気持ちで祈り、最後は神様にゆだねることです。
それでは詳しくお伝えしていきます。

まず服装を整えます。
旅行で観光気分で参拝する方もいると思いますが、御祈願をするために参拝に出かけるのであればそれなりの服装が望ましいです。

神様との対話をさせていただく(願いを伝える)のですから、
男性はスーツに革靴、女性もそれに準じた服装またはワンピースなどがいいですね。

目上の方にご挨拶に伺う、それもお願いまでするのですからそれなりの服装で参拝しましょう。

ただ神社にも位があり、伊勢の神宮や一之宮など地域を統括する大きな神社と比べると、地域の産土神社などはより現実界に近い存在で日常生活にも関わりある神社のため、多少ラフな服装でも許されると感じます。かしこまって参拝を敬遠してしまうより、頻繁に神様にご挨拶できた方が願いが叶いやすくなることは確かだと思いますので、あなたが参拝する神社に応じて服装を選んでくださいね。

鳥居をくぐったところから神域です。
鳥居の手前で頭を下げて、一礼してからくぐります。
神様のいらっしゃる神域に足を踏み入れるのでご挨拶をします。

参道を進み、手水舎で手水をとります。
手水舎で行うことは穢れを清める禊を簡略化したものです。

右手に柄杓(ひしゃく)を持ち、水をすくい、左手をすすぎます。
柄杓を左手に持ち替えて、右手をすすぎます。
もう一度右手で柄杓を持ち、
左手を受け皿のようにした中に水を注ぎため
その水を口に含んですすぎ、すぐに水を口から出します。
水を口から出すときに口元が見えないように左手で隠します。
もう一度、左の手のひらを水ですすぎ
両手で柄杓を持ち、柄杓を立てて柄をすすぎ、
柄杓を元に戻し置きます。

鳥居をくぐり境内に入ってから帰りに鳥居をくぐるまで、1時間半以上はゆっくりと過ごしましょう。
境内全体がパワースポットなので、その空間に身を置くだけで全身でその御神気を浴びることができます。

よく御神木の場所などで見かけますが、木や石に抱きついたりするのはお勧めしません。
境内の神域に静かに身を置くことでご神徳を受け取ことができます。

続いて身も心も清浄に保ちながら本殿前へと進みます。

お賽銭箱の前まで来たら、お賽銭を納め、二礼二拍手一拝します。

お賽銭を入れ、直立して、二回深い(90度まで頭を下げる)お辞儀をして
二回柏手を打ち、手を合わせて祈ります。
最後に一度深く90度まで頭を下げます。

賽銭箱の前で手を合わせて祈るときは、念入りに神様に届くようにお祈りをします。

しかし他にも多くの人がいますから、私の場合は、二礼二拍手(この時に祈りはせず手を合わせるだけ)一拝をしたあと、
賽銭箱の脇に移動して(ずっと脇の、賽銭箱から離れたところでも構いません)
他の参拝者に邪魔にならないところまで脇にずれて、本殿を向いて祈ります。

この動作も「自分さえよければいい」という考えではない、願いが叶う祈りの姿勢に合致しています。

最近よく見かけるのが、賽銭箱の目の前を陣取って祈る人が多いことです。
「真ん中の真正面でないと祈りが通じない」と勘違いしているのでしょう。
そんなことは全くありません。
他の方の迷惑にならないように、そして静かに落ち着いて神様との対話ができるような位置で、軽やかで清々しい気持ちで祈るのがおすすめです。

お祈りの流れは、
「〇〇の神様(その神社に祀られている神様ですが普通は一柱の神様だけではないので、例えば「北海道神宮の大神様」など)

本日はお参りさせていただきありがとうございます。

私は△△(住所)に住む、◇◇(氏名)と申します。

いつも私と私の家族、そして私に関わるすべての人々を
お守りくださりお導きくださいましてどうもありがとうございます。

(例)おかげさまで、家族全員健康で、それぞれの立場で毎日元気で励んでいます。

(例)おかげさまで会社の業績も良く、先月お祈りしました〇〇の件も神様のお力をお借りして無事に目標達成することができました。
(感謝の意を込めて現状報告などを)

ことわけて申し上げます、(ここからが願いを伝えるところです)

(例)私の給料が今よりも上がることで、もっと多くのお金を感謝の気持ちを込めて支払うことができるようになり、うちの家族の生活を支えてくれているすべての人の生活が豊かになりますように、神様どうかお力をお貸しください。

(例)今度のボーナスがいつも以上に出ることで家族の生活を豊かにするものを買うだけではなく、その商品を作ってくれた人、運んでくれた人、販売してくれた人、そしてこれからの私たちの生活に関わる人たち全てが幸せになれますように、神様どうかお力をお貸しください。

(例)宝くじが当たったら、自分のためだけではなく自然災害で被災して困っている人たちのために使っていただけるように寄付したいと考えています。被災した人たちが一日でも早く元の生活ができるように応援したいので、神様ぜひともお導き下さい。

そして私に何かできることがあれば、
私がそれに気が付くことができますように、
わかるように教えてください。

(お祈りの後におみくじを引く予定の人は、)

この後、おみくじを引きますので、今お願いしましたことについて、
私へのアドバイスをくださいますようお願いします。
私に何かヒントをいただけますようにお願いします。

最後に、

色々申し上げましたが、後は神様にお任せします。
かんながらたまちはえませ、かんながらたまちはえませ。」

お祈りの言葉はここまでです。

念入りに神様に祈りを捧げようとすると、
「どうか叶えてください」という懇願するような感じになりがちです。
また、我が強く出てしまうこともあるでしょう。

なので、
「いろいろ散々並べてみましたが、
最後は、すべて神様に委ねます。おまかせします、
神様から見て、最も良いと思われる道に導いてください」
というのが締めの言葉です。

これで自分の心がその願いへの執着からスーッと離れて、軽やかで清々しい気持ちにリセットされます。

神様のいらっしゃる次元は、とても軽やかで清々しい世界です。
その神様と合致することで祈りが叶う様になるのですから、最後の言葉は必須です。

最後に深く頭を下げて、一歩~三歩後ずさりしてから体の向きを変え、本殿の前から離れます。

またとても大切なので覚えておいて欲しいのですが、神様は「私たち全員が幸せになること」を願っています。
ですのでその神様の意と同調するように、自分の願いを言葉にして祈ることがポイントで、自分自身のためだけではなく、自分の願いが叶うと周りの人も幸せになることを神様にお伝えするのです。

祈りとは「神様との対話」のようなもので、神様に懇願したり、泣きついたりするものではありません。

うんうんと唸るように懇願をして神様の感情を揺り動かすことではなく、宇宙の不変的な法則「愛」の実現に沿うような願いであれば叶うのです。

神様の意と自分の願いが「愛」という究極の共通目的と一致するように祈るのです。

すると自分自身の内なる神と宇宙の神様がつながり、自分が進むべき最も素晴らしい道へと導かれるようになり、願いが叶っていくのです。

神様の意は私たちみんなが幸せになることです。
このことを忘れることなく神様に祈りましょう。

 

◎ご祈祷の受け方(正式参拝)

参拝の後、ご祈祷を受ける方はご祈祷受付で初穂料を納めてご祈祷を受けましょう。
拝殿に案内された後は、神職の指示に従い、ご祈祷を受けます。
帽子やコートなどは脱ぎ、バックなども下に置きます。
神職が祝詞を奏上し、あなたの願いを神様にお取次ぎしてくださいます。
神社の中で、最も神様に近い場所が拝殿です。
初穂料を納めて拝殿の中でご祈祷を受けることがより神様に願いが通じると考えるのが普通です。
ご祈祷が終わると、お神札やお下がり(昆布など)などの授与品を授かります。

 

◎おみくじの引き方

おみくじは「神様からお言葉をいただくもの」と考えるといいです。

おみくじを引くときに、
「神様、私へアドバイスをください」
「神様のお考えを教えてください」
など心の中で言いながら引くとよいです。

おみくじは大吉などに目が行きがちですが、書かれている和歌などから、神様の言わんとするところ(ご神意)を受け取るようにしましょう。
同じ和歌からも、人によって受け取り方や解釈は違います。
あなたが何を感じ取るかどう理解するかが大切です。
おみくじは直接神様の真意を受け取れる素晴らしいツールなのです。

お祈りやご祈祷が終わったあとはゆっくりと境内を散策し、お守りやお神札をいただいたり、木々や自然を楽しんでみましょう。
帰りはまた、鳥居を出てからすぐに神社の方に向きを変えてお辞儀をして帰りましょう。

 

金運をアップするおまじない

毎日を感謝の気持ちでいっぱいで過ごし、感謝の気持ちを持ってお金を支払っている。
そして金運アップする神社に定期的に参拝をさせて頂いているけど、それでももっと金運をアップするためにできることはないのかしら?

正直なところ感謝の気持ちで心を満たしていれば自然とお金は集まってきますが、御守りや目に見えるものが手元にあった方が安心できるといった人もいることでしょう。

そこですぐにできる金運アップするおまじないをいくつか紹介します。

 

①龍体文字の「く」のチカラを借りる

神代文字のひとつである龍体文字をご存知ですか?
文字自体にもの凄くエネルギーがあり、その効果は半永久的と言われています。
その龍体文字のひとつに「く」という文字があるのですが、この文字が金運アップの効果があります。
自分で書いた「く」を財布に入れておくのがおすすめです。

また龍体文字には恋愛運を引き寄せたり、身体の調子を整えるなど様々な効果を持つ文字があります。
こちらの記事に詳しくまとめてありますので、ぜひご参考になさってください。
https://ai-ribbon.com/ryuutaimoji-2

 

②カエルの置物を置く

「お金が帰ってくる」などカエルには金運アップの効果があると言われています。
カエルの置物を玄関などに置き、「感謝の気持ちを乗せて支払ったお金がちゃんと帰ってきますように」とお願いしましょう。
またカエルは金運だけではなく、旅行などから無事に帰ってこられるというご利益があります。
願いが叶ったらカエルの置物にしっかりお礼をしてくださいね。

 

③財布を布団で寝かせる

人が布団に入ってゆっくり休むように、財布も布団で休ませる事が必要だと言われていることを聞いたことはありませんか?
特に寝る前の寝室のように、暗い場所に布団に入れた財布を置いておくと財布もしっかり休むことができ、金運がアップしたお金が増えやすい財布になるのです。
そして人と同じように寝室は財布にとってもオススメのお休みの場所です。
寝室に財布をそのまま置いておいてもいいのですが、もし時間があるなら財布専用の寝室を手作りしてみたり、財布専用の布団を手作りしてみたりするとより効果がアップするでしょう。

 

祈りの言葉を覚えましょう

自分だけの次元で祈るよりも、抽象度を上げ、1人称よりもっと高い次元から祈ることがいいのです。

自分のことより家族のこと
自分のことよりみんなのこと
自分のことより社会のこと

を願って祈ってみてください。
自分の願いとしてではなく、誰かの願い、「公のため」に祈ることがポイントです。

「自分の願いが叶うことが誰かの喜びになりますように」と祈ることで、あなたの願いは叶いやすくなります。

奉仕の精神が祈りの基本であることをどうぞお忘れなく。

それでは具体的にどのように公のために祈ればいいのかをご紹介します。
以下のような文章を参考に、あなたの状況に合わせて言葉を変えてみてくださいね。

・私の給料が今よりも上がることで、もっと多くのお金を感謝の気持ちを込めて支払うことができるようになり、うちの家族の生活を支えてくれているすべての人の生活が豊かになりますように、神様どうかお力をお貸しください。

・今度のボーナスがいつも以上に出ることで家族の生活を豊かにするものを買うだけではなく、その商品を作ってくれた人、運んでくれた人、販売してくれた人、そしてこれからの私たちの生活に関わる人たち全てが幸せになれますように、神様どうかお力をお貸しください。

・宝くじが当たったら自分のためだけではなく、自然災害で被災して困っている人たちのために使っていただけるように寄付したいと考えています。被災した人たちが一日でも早く元の生活ができるように応援したいので、神様ぜひともお導き下さい。

 

金運アップの御祈願を依頼しましょう

私は神主で、これまでに10000人以上の願いを私独自の祈り方、「珠の緒結び」で願いを結んできました。

金運をアップさせる「富と豊かさの御縁結び」など、珠の緒結びは12種類の御祈願の中からあなたに必要な御祈願を選んでお申込みいただけます。

「富と豊かさの御縁結び」の御祈願は以下のような方に特におすすめです。

精神的にも物質的にも豊かさを感じて幸せになりたい人
あらゆる面で豊かさをたっぷりと味わいたい人
金銭的な余裕を求める人
経済的な問題が解決して豊かな毎日を過ごしたい人
お金の循環がもっと良くなりたいと願う人

珠の緒結びは見えない世界で神様が願いと結んでくださっているので、願いが叶うスピードがとっても速くなり、自分だけの力と比べて多くの願いを叶えることができます。

また申し込みと同時に、みたま(御魂)は「願いが叶う源の泉(願いの泉)」に入り、傷ついたみたまは癒され、英気を養うことができます。

そしてこの願いの泉にみたまが入るだけでエネルギーが高まり、願いが叶いやすい体質になっていきます。

そのおかげで「どんなふうに願いが叶っていくのかしら・・・」と、ワクワクして毎日を過ごすことができるようになります。
楽しい気分でいることが多くなるので、ますます願いが叶いやすくなります。

またお申込頂いた方には無料で配信されるメールや動画で、願いが叶うコツや宇宙の仕組みについての解説、神様からのメッセージを知ることができるので、心の持ち方や考え方が自然に身につき、さらに願いが叶いやすい体質になっていきます。

いつも大きな愛で応援してくださっている神様を身近に感じることができるようになり、感謝の気持ちがあふれてきます。
豊かで喜び溢れる時間が増えることで幸せな人生に変化していきます。

珠の緒結びでは「富と豊かさの御縁結び」の他にも、

心願成就の御縁結び
本当の自分との御縁結び
手放したい御縁切り
パートナーとの御縁結び
人間関係の御縁結び
美容と健康の御縁結び
仕事の御縁結び
望む人生の御縁結び
子供の御縁結び
合格の御縁結び
安心安全と飛躍の御縁結び
月替わりの特別御祈願(その月に最も必要と思われる御祈願です。6月と12月の大祓も特別御祈願です)

の御祈願がありますので、お申込みと各御祈願の期待できる効果は以下のページをご覧ください。
https://ai-ribbon.com/tamanoomusubi

 

珠の緒結びで神様のサポートを受け、成功を手に入れたり、悪いものを遠ざけて幸運を掴み、楽しく豊かで喜び溢れる人生を歩んでください。

あなたの願いがことごとく叶いますように。
ますます盛運に!
お祈りします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。